GRINDHOUSEマガジンの表紙に登場

7月末に発売される音楽誌「GRINDHOUSEマガジン」の最新号Vol.49(8周年記念号)にて、SLIPKNOTが表紙で登場します!

新たなマスク、ユニフォームを身に付けた9人が表紙を飾る様は圧巻!
コリィ #8ジョーイ #1、そしてショーン #6によるインタビューやディスクレビュー等が掲載されており、見逃せない内容となっております!

SLIPKNOT(スリップノット)、オリコン・デイリーランキング、1位獲得

SLIPKNOTスリップノット)、オリコン・デイリーランキング、1位獲得!

世界に先駆け日本で発売された、SLIPKNOTスリップノット)待望の4thアルバム『ALL HOPE IS GONEオール・ホープ・イズ・ゴーン)』!

なんと、この『ALL HOPE IS GONEオール・ホープ・イズ・ゴーン)』が、2008年8月19日付けのオリコン総合デイリーランキングにて1位を獲得いたしました!!!! 

洋楽のみならず邦楽をも抑えて、SLIPKNOTスリップノット)が1位を獲得するとは… 夢のようです!
まだお持ちでない方は今すぐゲット!

オール・ホープ・イズ・ゴーン~スペシャル・エディション~(DVD付き)
スリップノット
オール・ホープ・イズ・ゴーン~スペシャル・エディション~(DVD付き)
曲名リスト
1. execute / エグゼキュート
2. Gematria (The Killing Name) / ゲマトリア(ザ・キリング・ネーム)
3. Sulfur / サルファー
4. Psychosocial / サイコソシアル
5. Dead Memories / デッド・メモリーズ
6. Vendetta / ヴェンデッタ
7. Butcher’s Hook / ブッチャーズ・フック
8. Gehenna / ゲヘナ
9. This Cold Black / ディス・コールド・ブラック
10. Wherein Lies Continue / ホエアイン・ライズ・コンティニュー
11. Snuff / スナッフ
12. All Hope Is Gone / オール・ホープ・イズ・ゴーン
13. Child Of Burning Time / チャイルド・オヴ・バーニング・タイム
 スペシャル・エディションのみのボーナストラック
14. Vermilion Pt. 2 (Bloodstone Mix) / ヴァーミリオン・パート2(ブラッドストーン・ミックス)
 スペシャル・エディションのみのボーナストラック
15. Till We Die / ティル・ウィー・ダイ
 スペシャル・エディションのみのボーナストラック
 
Amazonで詳しく見る

シド・ウィルソン

シド・ウィルソン シド・ウィルソン/素顔

シド・ウィルソン(Sid "DJ StarScream" Wilson)
Turntable #0  1977年1月20日

ジョーイ #1ショーン #6と共にバンド・コンセプトにおける中心人物。
ガスマスク型、ドクロ型マスク。

ショーン #6と同じくらいライブ中では暴れ、自身の演奏パートが無い時は舞台前に来ては観客に飛び込んだりする。
予想に反し観客の盛り上がりが絶頂であった場合、遠くの方へ連れ去られなかなかステージに戻って来られない事がある。
自ら飛び込んだにも関わらず、ステージに戻れない事に我慢できず、服を破った(既に殆ど破れていた)観客を殴ってしまう事もある(ライブDVDで確認可能)。
初期はステージ上でショーンと戦う時もあった。

アニメ『トランスフォーマー』の大ファンであり、劇中の組織「サイバトロン」と「デストロン」のマークの刺青を、両手の甲に片方づつ入れている。 また、劇中のキャラ名を使って、DJ StarScreamという名でソロ活動も行っていてTHE MAD CAPSULE MARKETSのボーカルKYONOとのコラボレーションなども行っている。

ジョーイ・ジョーディソン

ジョーイ・ジョーディソン ジョーイ・ジョーディソン/素顔

ジョーイ・ジョーディソン(Joey Jordison)
Drums #1  1975年4月26日

シド #0ショーン #6と共にバンド・コンセプトにおける中心人物。
白塗り/コープス・メイクをイメージしたマスク。

サイドワークであるマーダー・ドールズ (Murder Dolls)では、素顔のスタイルでギターを担当。

体格は小柄で線も細いほうだが、業界内でも強烈なドラミングを誇る。
ライブではドラムセットが空中で90度傾いて時計(反時計)周りするドラムソロ演奏を行う。

スリップノット(slipknot)のロゴの「S」のアートも担当した。
スリップノット(slipknot)のメンバーの中で唯一タトゥーが入っていない。
(痛いのが怖いらしい。顔中にあけたピアスも十分痛そうだが・・)

過去にジョーイとポール #2は共にアナル・ブラスト(Anal Blast)というゴアグラインドバンドに在籍していた。

メタリカのドラマーであるラーズ・ウルリッヒと親交があり、かつてラーズがツアー中に急病で倒れた時にジョーイが代理でドラムを叩いたことがある。

またマリリン・マンソンと非常に仲がよくマリリン・マンソンのPVに友情出演したこともある。

現在はkornのドラムとしてライヴサポートなどを行ったりしている。

ポール・グレイ

ポール・グレイ ポール・グレイ/素顔

ポール・グレイ(Paul Gray)
Bass #2  1972年4月8日

他メンバーが全員アイオワ州出身中、唯一カリフォルニア州(ロサンゼルス)出身のポール・グレイ(Paul Gray)。
マスクは、ブタ型。

サイドワークであるF.O.Dでも活躍している。
インディーズ時代はコリィ #8スリップノットに加入するまではポールがヴォーカルで、現在もライヴで時々、「Spit It Out」等の一部を歌ったりしている。

左利きでレフティベースを使用。
現在愛用しているアイバニーズのベースはシグネイチャーモデルとして右利き用モデルが日本国内でも販売されている(日本では左利き用は販売されていない)。
※海外では左利き用も販売されている。

2003年には車との衝突事故をきっかけに、大麻やコカインその使用器具の所持と交通違反の容疑でアイオワ州デモインで逮捕された事もある。

2010年5月24日、急死したとのこと詳しくはこちら

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。